ノーコンセプト

音楽詳しくないけど楽しい! #FoFoFadi(Trippy Turtl)とか Jersey Club っていうジャンル

この記事読むのに たぶん 5分 もかからない



あんまり音楽詳しくはないのですが、SNSのイケてる方面から「Trippy Turtle」なるものを知りまして。



もう、だいぶハマってしょっちゅう聞いております。もう、ほぼ毎日ってくらい。ただ、そんなに聞いてるわりにはあんまりこのアーティストの事は何も知らなくてですね、一応ちゃんと知っとこうかなと思ってざっくり調べてみました。


こういう音楽ってどうやら Jersey Club って言うっぽい?

・Jersey Clubって音楽貼ってく
http://safarina.blog.fc2.com/blog-entry-1744.html


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/13(金) 00:23:44.17 ID:NvsbghtX0.net

>>3
そう ジャージークラブはリミックスやサンプリングが多いんだよね


…だそうです。確かに、僕がハマッたのもR&B系の自分が好きな曲のリミックスでした。で、上記記事の中に Trippy Turtle の正体は Lido さん、って書かれてるんですが、どうやら元々は Soundcloud で匿名で活動してたアーティストらしいです。

尚、 Trippy Turtle についてさらに検索かけてみると、どうやら「FoFoFadi」なんて呼ばれている模様。ふぉふぉふぁでぃー?


FoFoFadiって?

下記記事が非常にわかりやすくて面白かったです。
っていうか、検索かけても日本語だとこの記事しかヒットしない。音楽好きはあんまりブログとかやらないのか?

・【和訳】noiseyによる #FoFoFadi の紹介とインタビュー
http://yesyesyoung.blogspot.jp/2014/07/noisey-fofofadi.html


この”FoFoFadi”というのは海外の数名のビートメイカー/プロデューサーたちのクルーです。

彼らは皆それぞれ動物を冠した名前を名乗っています。そうして正体を隠しているのですが、既に一部では名のあるプロデューサーの変名である場合も多いようです。
彼らは他にもいくつかの設定を共有しています。

“FoFoFadi”のメンバーが共有する設定については(上記に挙げたものとも重複しますが)

①アーティスト名に必ず動物の名称が入っている。
②アーティスト名が、頭文字が同じ2単語。
(Cashmere Cat、Trippy Turtle、Girly Gorilla、…など)

絶対条件としては上記2つですが、他にも概ね共通する傾向としては

③エモいコード進行のシンセ+Trap以降の重いビートを主体に、R&BやHipHopのRemixを作る
④他の名義でも活動しているミュージシャンの変名である

というのもあるかな~と個人的には思っています。


なるへそ。なんというか、イケてる人たちのイケてる遊びって感じなんすかね。この記事みて初めて Cashmere Cat って知ったのですが、こちらもスゴイ好きな感じでした。



音楽好きな人にとって有名なのかもしれないですが、クラブもフェスもいかない音楽音痴な僕にとっては新鮮で色々勉強になる記事でした。色々興味持って調べてみるってのは大事ですね。


ちょっとずれるけどマコーレ・カルキンのくだりが興味深い

同ブログ記事より
・【和訳】noiseyによる #FoFoFadi の紹介とインタビュー
http://yesyesyoung.blogspot.jp/2014/07/noisey-fofofadi.html


Music, like any art form, finds inspiration in strange places. Yeezus was inspired by the architectural work of Swiss-French pioneer Le Corbuiser, Macaulay Culkin must have seen something relevant inside the deep-pan Hawaiian he ordered the night Lou Reed passed, and Lil Wayne has written over 102 lines about bowel movements.

音楽は(他のあらゆるアートと同様に)、ときに思わぬところから想像のきっかけを得るものだ。
例えばカニエ・ウエストの『Yeezus』は、建築家ル・コルビュジェの創作から大きなインスパイアを受けている。マコーレー・カルキンはルー・リードの逝去とハワイアン・ピザに何らかの因果の繋がりを見出したようだし(*訳注1)、また、リル・ウェインは便通に関するリリックをもう102行以上は書いている。

(*訳注1)=映画『ホーム・アローン』シリーズで有名な俳優のマコーレー・カルキンは現在、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド及びルー・リードの曲の歌詞をピザに置き換えて唄う「ザ・ピザ・アンダーグラウンド」というカバー・バンドを結成し、精力的に活動しています。


マコーレ・カルキンがバンドやってて一部には人気がある、みたいな話を確かとくダネかなんかでデーブ・スぺクターが言ってて、その時はへー、くらいに思ってたんですが。「ルー・リードの逝去とハワイアン・ピザに何らかの因果の繋がりを見出したようだ」っていうのが何かウケました。まずルー・リードがわかんないのでアレなんですが、曲の歌詞をピザに置き換えて唄う、とは一体どういう事なのか。今度時間がある時に調べてみたいと思います。


・一体どうしたの? 『ホーム・アローン』のマコーレ・カルキンがピザを食べるだけの動画
http://www.kotaku.jp/2014/01/macaulay_culkin_eating_a_pizza.html




カルキンさん何やってんの。




Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Tumblr
The following two tabs change content below.
prtk

prtk

30代 会社員 スマホ向けネイティブゲームアプリ製作ディレクター/プランナー 暇つぶしに気まぐれでWordPressいじったりしてます。 feedlyボタン置いとくので気が向いたらたまに見に来て頂けると嬉しいです。